HOME > ニュース > エクスターンシップ 横浜市動物愛護センター見学レポート(2018/1/12配信)

ニュース

神奈川県横浜市にある動物愛護センターへ動物看護・美容学科3年生と動物看護学科、動物美容学科2年生が見学に行ってきました。

はじめにセンター職員の方からセンターの業務概要や施設についてセミナーを聴講し、その後センター内の見学をさせていただきました。

保護された動物が新しい飼い主さんを待つ間過ごす「犬ふれあい室」「猫屋内飼育モデルハウス」や「飼育体験実習室」などがあり、譲渡に向けたさまざまな配慮がなされている施設は、学生にとって特に興味深く感じられたようです。

また、災害時における動物の同行避難の備えについても、展示物を見ながら分かりやすく説明をしていただきました。

171218_愛護センター.jpg

これから社会に出て動物看護師、グルーマーなど様々な動物と関わる職業に就く学生たちにとって、『かわいい』だけの世界ではなく、ペットブームやその背景にある殺処分について「いのちと向き合うこと」を改めて考え、見つめ直すよい機会になりました。

【横浜市動物愛護センター】

保護収容された動物を可能な限り譲渡することや、正しい飼育方法を広めるため2011年に完成した施設です。保護された動物が健康に新しい生活を始められるよう、設備が整えられています。譲渡に際しては譲渡前講習の受講を義務付け、最期まで幸せに飼育してもらうための飼い方指導などを行うとともに、しつけ相談やお手入れ教室も行われています。また、動物愛護の精神やペットの適正な飼い方を啓発する場として、動物愛護をきっかけとした市民交流の支援など、普及啓発の拠点として位置づけられています。

171218_愛護センター2.jpg

このページのトップへ


COPYRIGHT (C) YAMAZAKI GAKUEN 2009
学校法人 ヤマザキ学園