ヤマザキ動物専門学校
25/48

見て、触れて、看る動物看護師は、まず「見る」ことと「触れる」ことから始まります。多くの動物と接することで動物の様子を看ることができるようになります。1基礎応用総合実践使って、看る「使って、看る」段階に入ります。様々な器具の扱い方や、個々の動物に合わせた対応ができるようになります。2考えて、看る今まで学んだことを総合して「考えて、看る」ことを学習し、柔軟な対処ができるようになります。年次基礎応用年次基礎年次3就職自己実現ヤマザキ学園大学編入幅広い知識と技術を身につけ、信頼されるプロフェッショナルを養成24月火水木金1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目6時限目7時限目8時限目昼休み 1週間の時間割例(動物看護・美容学科)コンパニオンアニマルケア実習動物臨床看護学実習動物遺伝学動物関連企業実習ネコの特性論動物形態機能学ビジネスマナーコンパニオンドッグトレーニング実習動物臨床検査学実習血液学動物飼養管理論動物リハビリテーション野生動物学コンピュータリテラシ動物行動学9:10-10:4010:50-12:2013:10-14:4012:20-13:1014:50-16:20近年の動物業界は総合的な能力を持つ人材が必要とされています。3年間で自分の適性を見つけながら動物看護・動物美容・トレーニングを総合的に学修できるよう、講義と実習をバランスよく配置したカリキュラムでプロとしての確かな知識と技術を養います。実習率50%以上一般財団法人動物看護師統一認定機構のコアカリキュラムに合わせ、カリキュラムを変更する場合があります。

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る